Close
Menu

アプローチ

ワールド・ウェーブ・プロジェクトでは、浸食防止、海岸線の管理、経済開発や生物の生息地の復興などが必要な場所で、加算法・減算法を用いて海底の幾何学的形状を改善します。

 

地域コミュニティ、政府、生物学者やステークホルダーと協力しながら目標を理解し、全体的な長期的利益を達成するまで計画を何度でも実行、長期的に海岸線を監視・管理するためのパートナーシップを育んでいきます。

 

これらの目標を達成するために、最先端の計測、計算やモデリングが使用されています。現場の生態学的・地質学的な調査は、様々なうねりや潮の流れの条件下で実施され、これにより取得されたデータは最適な海底の形状を設計するために、海岸線のハイファイコンピューターモデリングに使用されます。その後は、スケールの大きい物理モデルを用いて、実施前に設計を確認します。

 

これを経済的に行うためには、加算法・減算法の両方が使用されます。加算法プロセスは、適切な材料が近場で安価に入手できる場合非常に効率的です。減算法のプロセスは、波が荒いという環境下での変化の耐久性を高めることができます。

 

これらの技術を組み合わせることで、全体的にポジディブ、耐久性のある、経済的なプロジェクトが可能になります。



svg svg
en_USEnglish